テーマ:秩父鉄道

9月も終わり

一年で一番いい季節となりました。(個人の感想です) 旅にはもってこいですが生憎仕事でどこへも行けません。過去に撮影した画像を見ながら旅気分です・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国電の始祖?

何のことはない?中間車のデハ1106ですが一部の方はご存知かと思いますが、ただの101系改造ではなくモハ90109で何と1959年製造! その後、モハ101-50へ改番され武蔵野線対応用としてモハ101-1013改造しています。ちなみに武蔵野線から撤退する際にさよなら運転にも使用されていました。 デハ1106で活躍し2009年につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元国鉄車両

秩父鉄道第二弾です。まずはデハ1207ですが元は国鉄クモハ100-130で1962年(昭和37年)に大阪の近畿車両で製造されました。池袋へ配属され山手線でデビューし、1969年(昭和44年)に中野へ転属、更に1985年(昭和60年)に中原電車区へ移動となり1987年(昭和62年)国鉄末期に廃車となりました。その後運よく秩父鉄道へ売却…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比較的原型

秩父鉄道クハ1201で元はクハ101-58、1965年(昭和40年)製造以来ずっと中野電車区(当時)に配属され総武線を往復していました。国鉄にちょうど20年間在籍し1985年(昭和60年)に廃車され秩父鉄道に売却されました。因みにこの車両は黄色5号以外の塗装になったことはありません。あくまでもリバイバルカラーですね。高度成長期に通勤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more