テーマ:今も残る国鉄

なんだコレ?

今日で仕事納でしたが年賀状やら掃除やら今からしなくてはいけませんので、よくわからん画像で・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内の国鉄の名残

千駄ヶ谷駅は最寄りに国立競技場等があり1964年オリンピック時に使用した臨時ホームが今も残っています。 そしてこのホームを2020年オリンピックに再度使用するとの事ですが、綺麗になる前にちとばかし記録しておきました。 東海道本線というか京浜東北線の鶴見駅も通る列車はJRの車両ですがホーム上屋は未だに木造です。 103系や旧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探したらありました

長岡駅の新幹線ホームで喫煙所を探しにウロウロしていると番線表示が目に入りました。 だいたいJR様式の黒字に方面が書かれた長方形タイプが多いかと思いますが、ここにはまだ数字だけの物が残っていました。ここまで停車する編成の列車が減ったのが撤去若しくは交換する事無く残ったのではないでしょうか。 信越本線安田駅の跨線橋の下には道路の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寂しくすっきりしてしまいました

信越本線長岡駅から3つ目にある来迎寺駅は1898年に開業しかつては国鉄魚沼線や越後交通乗り換え、急行列車も停車する交通の要衝でありましたが両路線とも廃止され現在は普通列車と快速列車(臨時含む)が数本程度停車する駅となっています。 1979年完成の駅舎です。駅舎内を見てみましょう。 GW中の土曜日午前中ですが誰もいません。列車到着間際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつからあるのでしょう

南浦和駅の北行(大宮方面)ホームの上屋を見上げると乗り換え案内板が掲示されています。とりたて珍しくないのですが武蔵野線は西船橋方面までしか記票されていません。デザイン自体も国鉄チック。 てことはもしかして京葉線が暫定開業した昭和61年より前かもしれません。 東京方面となると京浜東北線で1本ですぐ行けるのにわざわざ遠回りする客がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなところに!

東京総合車両所 場内見学に際、他の人は車両を撮影してますが私は一人天井に注目!数々の国鉄が生んだ名車を見下ろしていたのでしょう。 小諸駅 長野オリンピックと新幹線開業のとばっちりを喰らい寂しくなってしまった小諸駅ですが、まだ残っております。 木造ホーム上屋もいい味を醸し出してますね。こういうのは私の大好物です。ぜひ世界産業遺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かつての・・・

辰野駅ホームに残る水飲み場です。中央本線と飯田線の分岐駅でかつてはそれなりの賑わいをみせ急行アルプス等が停車する駅でしたが塩嶺トンネル開通後は普通列車(せいぜい快速)のみ停車する駅になり駅も街も閑散としてしまいました。 ホームには昔ながらの水飲み場も残り旅情を掻き立ててくれます。水道は使えるのか不明でした。というか もし水が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0系は不滅

品川区の東海道新幹線沿いにある看板で、懐かしの0系がここにはいまだに残っています。 マユ毛のある厳つい顔した0系は線路に立ち入るチビッコには容赦なく「どけ!ゴルアアア!」となるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近見なくなりましたシリーズVol-1

石和温泉駅 錦糸町駅 小山駅 大宮駅 高円寺駅 大平下駅 川崎駅(撤去済み) 岡谷駅 こちらはある意味ホーロー看板、昭和レトロのカテゴリーですが国鉄時代の 名残ということで。 今やめっきり数を減らしており探すのも一苦労。 国鉄型車両も貴重ですが、こういった設備も必ず記録するようにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more