展示方法に問題アリ

群馬県の「碓氷峠鉄道文化むら」にキニ58 1が展示されています。殆ど解体されてしまった貴重な車両ですが現状はDD51 1とキハ35900に挟まれて展示されており、まともに先頭車を拝むことはできません。
まだオープン前に集められた車両が一時横川駅構内に留置されていた時に撮影したものですが撮っておいてよかったと思う一枚です。
画像

身延線

甲府と冨士を結ぶJR身延線は旧国で有名でしたがその後115系、急行は165系が走っていました。
画像
国鉄時代の身延線ホームは甲府駅の外れにありました。今はこの場所は道路となっています。
画像
ホームが現在の場所に移設されたました。
画像
以前は旧ホームが残っていましたが今は撤去されています。

かんばんわ2

画像
都内某所の東洋証券ですが以前ご紹介した府中市にあった看板の横向きバージョンです。
画像
こちらも都内某所のオシャレな商店街の中にあり、そこだけ?古い金物店がありヒッソリと貼られています。撮影時は人通りが多く「何を撮ってるんだ?」と注目を浴びてしまいました。
画像
以前長岡へ行った際に線路脇の納屋にありました富山の薬看板です。先日のGWにこの看板があった所を通りましたが建物自体が消滅していました。

昭和の私鉄

画像
元名鉄3800系の車輛で経緯は複雑なようなのでここまで。
画像
元北陸鉄道の6010系で廃車後は故郷の石川県へ戻り保存されています。
画像
新百合ヶ丘駅に停車中の2215の多摩線です。まだ新百合ヶ丘駅周辺も開発されていない頃で今より静かな駅でした。
画像
八王子駅での西武の車両ですが形式は詳しくありませんのでわかりまへん。どうやら多摩川線車両の甲種回送だったようです。

ゴールデンウィークは・・・②

かなり間が空きましたが第二弾です。
画像
魚沼市の焼酎看板です。当方はアルコール全般飲めない体質なので酒系看板の事はさっぱりです。ググってみるとかつてキッコーマンが販売していたようです。
画像
信越本線の線路沿いに佇む看板だらけの家。線路に対し斜めに建っているので反対側にも同じくトーア毛糸等の看板が貼ってありますが樹木で殆ど見えていません。
画像
何の変哲もない地元商店の看板ですが住所を見ますと「高田市」とあります。昭和46年に直江津市と合併し「上越市」となっていますので、かれこれ40数年もの間貼ってあった事になります。

今日はこのへんで

関係ない話ですが仕事で毎日中央自動車道を利用しています。
昨日から始まった集中工事の影響で通常10分程度の所が90分とか・・・。プラス高速に乗る渋滞が更に40分加算されますので個人的損害はかなりのもの。ありえん状況で今日もクタクタです。
なので写真だけアップして今日はおしまい。
画像1977年柏崎駅の懐かしい荷物列車と私
画像
最初で最後の乗車した181系特急「とき」です。まだ食堂車がついておりスパゲッティを食べた記憶があります。

かんばんわ

以前撮りためたホーロー看板の写真がありましたのでアップします。
画像
山梨市の山の中にある納屋に貼ってある薬の看板ですがググってもヒットしませんでした。

画像
これまた聞いた事のないカレーですが恐らく昔の粉末カレーでしょうか。深谷市の市街地にありましたが撮影当時は看板の貼ってある地区は再開発で取り壊し寸前でした。今はもうないでしょうね。

画像
山梨県の旧道にある看板ですが布能(ふのう)と読み山梨県に多い名前のようです。月賦というコトバも最近は聞かなくなりました。

寂しくすっきりしてしまいました

信越本線長岡駅から3つ目にある来迎寺駅は1898年に開業しかつては国鉄魚沼線や越後交通乗り換え、急行列車も停車する交通の要衝でありましたが両路線とも廃止され現在は普通列車と快速列車(臨時含む)が数本程度停車する駅となっています。
画像
1979年完成の駅舎です。駅舎内を見てみましょう。
画像
GW中の土曜日午前中ですが誰もいません。列車到着間際に部活の高校生が2人やってきただけです。以前はキオスクがありましたがその部分だけ妙なスペースがあります。
画像
自動改札機はありませんが懐かしいラッチが残っています。但し改札は駅員が窓口から顔を覗かせるだけで利用はされていません。
画像
魚沼線ホーム跡です。以前は側線と農協?倉庫がありましたが撤去されています。
画像
1番線ホームに残る方面別案内板です。こちらは白色です。
画像
停車位置からかなり外れた1番線柏崎方にある方面別案内板ですがこちらは黒色となっています。なぜ撤去されず残っているのか不明です。
画像
雪止めのある下りホーム上家です。その向こうは越後交通のホームと線路が草むらの中にありましたが撤去され住宅地になっています。なぜか見事に写真を撮り忘れています。平成一桁の頃は天井から地元酒造やタクシー会社の広告看板が下がっていましたが全て撤去されてしまいました。

思い出の駅無人化

信越本線の塚山駅が平成27年5月末をもって無人駅となってしまいます。かつて急行「よねやま」乗車中に豪雪で遭難し塚山駅で足止めをくらった思い出の駅でもあります。
画像
2004年の中越地震により旧駅舎は倒壊し新しく建て直されました。
画像
委託の駅員氏がおります。無人化後はシャッターが下ろされ自動券売機のみが稼働されるようです。
画像
長岡方面を望みます。かつては中線で特急や急行の退避を行っておりましたが優等列車削減で線路こそ残っていますが機能は失われています。
画像
構内にある詰所です。今は長岡保線区休憩所として使われているようです。
画像
かつての貨物側線ですが現在は保線車両に使われているようです。
国鉄時代は駅舎内にキオスクもあり急行「よねやま」がお盆期間に臨時停車し快速列車も停車する旧越路町の玄関駅でしたが利用客も減り寂しくなってしまいました。

模型の細密化にどうぞ

GWは新潟へ行きいずれは引退する新潟色115系をいろいろな角度から撮影してきました。
Nゲージ等で作りこみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
画像
               クモハ115-1518屋根

画像
               クモハ115-1053

画像
               クハ115-1033

画像
               クハ115-1504幌


ゴールデンウィークは・・・①

今年の連休は家族で新潟県柏崎へ行ってきました。そこで何回かにわけて今回撮影した鉄道やその他をご紹介します。まずはホーロー看板です。
画像
小千谷市
画像
長岡市
画像
柏崎市
画像
柏崎市
他にも多数あるのですが時間の都合で今回は撮影できませんでした。またリベンジしなくては・・・。

185系という車両

1981年に登場した185系はそれまでの153系急行から特急に格上げし置き換える目的で製造されました。いまでこそリニューアルされ辛うじて特急としての面目は保っていますが登場時は料金を徴収するには抵抗のある造りの車両でした。そんな今まで1両の廃車もなく30年以上に渡り走り続けてきた車両も特急から運用を少しづつ外れいよいよ引退か、と思わせるようになってきました。
画像
元フルフル号でもあったクハ185-301ですが2014年に廃車となりました。


画像
「湘南ライナー11号」のクハ185-212で波動用となっています。


画像
今は651系に変わってしまいました特急「草津6号」クハ185-201です。この車両(編成)も2014年に廃車となりました。

画像
クハ185-303の「踊り子175号」。臨時として新宿始発で運転されていました。こちらも2014年に廃車となりました。






品川は発展

新幹線の駅ができ、近い将来リニアの駅もできる品川駅ですが国鉄末期は京急の乗り換えと操車場のある駅というある意味地味な駅でした。
画像
東京駅に向けラストスパートの特急「さくら」
画像
東海道ブルトレの中では比較的地味な特急「みずほ」
画像
今のようにネットで情報が簡単に入手できますがこの時は行き当たりばったりで出かけ運が良ければ撮影できたという感じでした。金沢から遥々やって来たサワ座。
画像
完成して日も間もない幕張所属「なのはな」
以上は昭和61年撮影
画像
1979年当時の品川客貨区です。1灯ライトのDD13がイソイソと入換中です。この操車場も再開発で更地になってしまいました。

鶯谷にて

今も昔も怪しい?鶯谷。鉄道写真を撮りに行くだけで「風俗?」と言われてしまいます。国鉄もあと数か月で終わる、というまだ未成年の時に撮影したものです。
画像
まだ103系が幅を利かせており205系は少数でした。

画像
高崎線の211系ですがこれも大量の115系が走る中奮闘していました。

画像

常磐線は103系と485系「ひたち」以外は415系の独壇場でした。

画像

今ではすべての車両が鶯谷を去ってしまい見ることができません。



信越特急御三家

勝手に私がそう言っているだけなので他意はありません。
画像
昭和60年頃の大宮駅特急「白山」

画像
クハ489500代ボンネットの特急「白山1号」黄緑色の山手線103系がほんの少し見えます。

画像
今は新幹線に名前を譲りました。脇に写っている東大宮からの165系回送も懐かしいです。

画像
クハ189-502の特急「あさま」

画像
信越本線では地味な季節特急「そよかぜ」ですが長野行新幹線開業前にひっそり廃止となってしまいました。

今や信越本線はズタズタに分断され名前と一致していません。国鉄時代なら在来線は赤字でもそのまま引き継いでいたと思います。

試運転?

画像

郡山駅の磐越東線のホームへ行くとキハ58 282盛岡色が併結されていました。どうやら郡山工場出場後の試運転のようです。1963年に新潟鉄工で製造され郡山に配属されその後は20数年の間は盛岡で過ごしJR後に一関へ転属され1993年に廃車となりました。最後まで冷房化はされなかったようです。

機関車大集合

1990年代後期にJR貨物吹田機関区で一般公開を毎年夏に行っておりましてJR西日本の吹田工場と協賛というか同時に一般公開をしておりました。今もやっているのでしょうか。
画像
EF65 1001

画像
EF81 19

画像
EF65 1048

画像
はるばる九州からED76もやって来ていました。