気をつけましょう

まさかのインフルエンザになってしまいました。
まだ本調子ではありませんが仕事等復帰は今週いっぱいは絶望的です。
皆さんも気をつけて下さい。
画像

何の関係もありませんが1988年の函館行き「はつかり5号」です。

和田岬にて

画像

ご存じ和田岬線?は山陽本線の一部で1890年開業と歴史ある路線です。初めて乗車した時は既に気動車となっていましたが、まさか電化されるとは思ってもみませんでした。
このキハ35-303は1966年に帝国車輛で製造されずっと亀山に配置となり関西本線等で活躍していましたが、1990年に画像のようにキハ35-303へ鷹取工場で改造され2002年に廃車となりました。
廃車後、この車両か不明ですが一時的に亀山へ疎開されていましたので里帰りしたと言えるでしょう。

今日はこれだけ

連日の夜明け前出勤の深夜帰宅で疲れております。今夜はこれでご勘弁を・・・。
画像

今さら

あけましておめでとうございます
と言うか既に年が明けて10日たってますが、なかなか更新できずに今頃になってしまいました。
お陰様で?仕事も忙しく休みは休養のため出かけず鉄写真や旅も殆どしていません。
今年は春頃にまとまった休みが取れる予定なのでどこへ行くか検討しています。
恐らくお金のかからないホーロー看板探しの旅でしょうか。
画像

ネタもたいしたモノがなく2016年とも何の関係もない昔の画像で誤魔化し新年のご挨拶とさせて頂きます。

ああ上野駅

唄のタイトルではありませんが今やすっかり寂しくなってしまった上野駅。
JRになった頃はまた活気がありました。それでも東北上越新幹線開業前と比べれば勝手なもので、これでも当時はつまらなくなったと思っていました・・・。
午前中にほぼ1時間おきに走っていた黒磯行き新特急「なすの」です。列車名も乗客も新幹線に奪われてしまいました。
画像

「スーパーひたち35号」と「あかぎ5号」です。右側の18番線も列車削減の影響で線路も撤去されてしまいました。そして平行き表示も懐かしや。
画像

当時は珍しくもなかった14系客車ですがいまや北海道の500番台とJT改造車程度しか残っていないのではないでしょうか。自分の体重で背もたれも押さえつける拷問シートの急行「津軽」で青森へ!
画像

フィルムの消化程度で撮影した特急「ひたち127号」クハ481-38。今考えると贅沢ですね。
画像

解体待ち

以前、大宮工場や大船工場では車両解体をしていましたが今は長野で行っています。やはり住宅も多いので騒音や環境の問題なんでしょうか。
画像

画像

画像

川口探検隊

あの番組の事ではありませんが中学生のある日曜に一人ふらりと早朝の川口までやって来て撮影しております。
今は駅の西口は再開発されていますが当時は雑然とした感じがしました。
画像

長野行きの489系「あさま」ですがちょうど絵入りマークに切り替わった頃です。
画像

上野へ向けてラストスパートの特急「はくつる」ですが以前も出していたような・・・。

昭和53年の上野駅

ひっさびさの更新です。
ネタが尽きた、と同時に仕事が忙しく?なかなか出来ませんでした。
前回上野駅ネタでお見せした残りと言うか続きです。祖父を長岡へ行くため上野駅まで出向きました。その際に乗った特急「とき」です。残念ながら181系ではなく183系でした。
画像

地平ホームでは14系臨時「つばさ」が出発する所ですが小中学生カメラマンでいっぱいです。彼らも50歳前後のいいおとっつぁんになっているでしょう。
画像

今は亡き祖父がなにやら私にレクチャーしてます。線路脇には無造作?に「白山」「やまびこ」のマークが置かれています。
画像

久々の更新

久々の更新です。深夜帰宅の4時起床の日々です・・・。
久々の休みも殆ど寝てばかりですがタマには家族サ-ビスもしなくてはいかず大変です(汗)
画像

珍しく京浜急行に乗りましたが最後に乗ったのはまだ旧1000系が走っていた時でしたが、いつのまにか黄色い車両が!
たまには出かけないといけません。

国電の始祖?

画像
何のことはない?中間車のデハ1106ですが一部の方はご存知かと思いますが、ただの101系改造ではなくモハ90109で何と1959年製造!
その後、モハ101-50へ改番され武蔵野線対応用としてモハ101-1013改造しています。ちなみに武蔵野線から撤退する際にさよなら運転にも使用されていました。
デハ1106で活躍し2009年についに廃車となってしまいました。使用期間はちょうど50年。まさに高度成長期を見続けて来たのではないでしょうか。

たまには自動車

1978年に実家の前で撮影してもらった日産ブルーバードです。確か買い替えのため記念に撮影したものだと思います。このままスクラップになるかと思いきや、これを欲しいという人がいて日産のディーラーが引き取っていったと聞いてます。
今もどこかで走っているのでしょうか。
画像

ネタぎれ

久しぶりの更新です。最近はお陰様で仕事も忙しく深夜帰宅の早朝出勤でクタクタです。
そのうえネタも乏しく画像をアップするだけの日々が続きますのでご容赦を。
画像
吹田機関区にあったDD16 16です。保存されるかと思いきやラウンドハウスごと解体されてしまいました。京都の新しい博物館や津山に行っていればと悔やまれます。

国鉄近郊型

国鉄時代はある程度通勤型と近郊型の車両が判別されていましたが現在は両方賄える車両が多くなり区別が曖昧です。なので旅をし旅情に浸ろうと思ったらロングシート車両が来てガッカリする事もしばしばでした。
当時は間違いなく近郊型なのでトイレもあるしゆっくりできると安心できました。(個人的見解です)
東海道本線と言えば111系113系でしょう。まだ冷房もなく原型ライトの車両が長大編成で走っていましたが反面現在と違い10~20分間隔ではなく30分、場合によっては60分近くも待たなければいけない駅もありました。
画像
金谷駅
画像
国鉄末期にようやく本腰を入れて列車本数を増やしました。島田駅に停車中のするがシャトルで島田-興津を約10分間隔で走っていました。

懐かしいが

ひどい出来の写真が発掘されました。殆ど撮影した日にちがわかりません。小学生時はただ撮って現像して友人に見せてオシマイだったので記録と言う概念はありませんでした。ちゃんとメモしておくんだったなー・・・。
画像
柏崎駅の特急「北越」です。あまり200番台は見かけた記憶がありません。
画像
新宿駅の急行「アルプス」「こまがね」です。クハが2両連続しており中央本線の急行らしい編成です。
画像
上野駅での急行「はるな」サボですが普段車両をメインに撮影していましたがこの時はなぜかサボを撮っていました。
画像
昭和60年3月の清水駅跨線橋から海側のヤードを望みます。貨車が停まっている所は道路と東口?の出入り口となっています。工場は煙突こそありませんが今もあるようです。
画像
金町駅を通過する常磐急行です。が、なぜこのアングルなのか、急行がメインなのか貨車と一緒に撮りたかったのか理解に苦しむ1枚です。



JR北海道原寸大サボ 旭川−稚内(急行礼文)
北の特急便楽天市場店
2001年に廃止されるまで急行礼文313D等で使用されていたサボ ※原寸大サボは受注生産となりますの

楽天市場 by JR北海道原寸大サボ 旭川−稚内(急行礼文) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

JR北海道原寸大サボ 瀬棚行・函館行(急行)
北の特急便楽天市場店
昭和41年に運行開始直後のキハ22の2両編成で運行していた時に使用していたサボ(1号機) ※原寸大サ

楽天市場 by JR北海道原寸大サボ 瀬棚行・函館行(急行) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

バスの切符

山梨県増冨温泉バス停にお土産屋があり店内に「バス乗車券売り場」という看板が下がっています。甲府駅前でたまに臨発券を販売していますが、それとは違う種類の乗車券を販売していました。
画像

種類は韮崎駅までの1230円金額式乗車券1種類のみで裏面は無地で番号等は一切ありません。お店の方が10枚つづり?になった束を出して1枚づつ契りながら販売していました。山梨交通で他にこのようなタイプの乗車券を販売しているのは確認できていません。
実際に使用すると韮崎駅で下車する際に運賃箱へ入れてしまい手元に残りませんので敢えてもう1枚購入しておきました。

虫の知らせ?

なのかわかりませんが、ふと何故か撮っておかなきゃと思い立ち撮影をしました。
画像
八幡山駅の6000系と8000系のすれ違いですが8000系のスカートがまだグレーの頃ですね。
画像
まだ現役バリバリの6000系ですがこの編成だけ何故か車番プレートが黒っぽい色でしたが、そのうち丸いフォントのプレーロに変わってしまいました。
撮影当時の京王5000系は本線運用が限定されて効率よく撮影できませんので競馬場線運用がある府中競馬正門前で撮影しました。
折り返しの時間を狙い運転手に種別板を変えてもらえないかお願いした所、快く対応してくれました。しかも種別灯まで点灯して頂き感謝です。
画像
今は無き通勤急行です。他に快速、急行、回、試がありました。
画像
やはり5000系にはこの「特急」種別が似合いますねえ。行先が残念ですが対応して頂いただけでありがたい事です。

バスの旅

山梨交通大好き人間として乗ってまいいりました。普通は山梨交通の高速バスとなるかもしれませんが、敢えて路線バスにしぼってみました。今回、竜王から韮崎を経由し増冨温泉を往復というコースです。
画像
竜王駅から徒歩5分程のバス停から大草経由の韮崎駅行きに乗車しますがあまり人が乗っていません。
駅に到着後、バスの車両を撮影しようと思いましたが「回送」に表示を変え営業所に行ってしまいました。
画像
しばし待ち増冨温泉郷行きのバスに乗り継ぎます。
約1時間で増冨温泉郷に到着します。ちなみに平日だったためか始発から終点まで乗り通したのは私だけです。
画像
せっかくなので温泉でひとっ風呂浴び付近を散策する等しながら2時間程滞在します。
画像
昭和が残っていました。
画像
韮崎駅に戻り電車で甲府駅に向かいます。改札前にキオスクがあります。いつ「NEW DAYS」になってしまうかわかりませんので記録しておきました。
画像
せっかくなので甲府でバスを撮影と思いましたが駅前整備中であまり撮れませんでした。
ついで?に駅の北口を徘徊し看板も撮影しておきました。
画像
画像