中間車だって撮ってほしい

鉄道車輛写真を撮る方はたいてい先頭車両をメインとしていると思いますが私はなるべく中間車両も撮影するようにしています。
画像
1987年12月長野駅モハ381-56
1978年に川崎重工で製造され長野運転所に配属、1982年に神領へ転属され2008年に廃車となるまで特急「しなの」一筋でした。
画像
1995年2月上諏訪駅サハ165-11
1970年近畿車輛で製造され下関運転所に配置。山陽路急行で活躍ののち津田沼-新潟と転々とし最後は長野へ。1999年に廃車となりました。
画像
1995年11月品川駅モハ165-21
急行「東海」に使用されていた車両です。1969年川崎車両で製造され大阪は宮原運転所に配置され山陽路を走ったのち神領-大垣と東海道筋で活躍のあと最後は静岡へやって来てこの車両を撮影した翌年1996年8月に廃車となりました。
画像
1996年12月府中本町駅モハ102-485
1972年に近畿車両で製造され松戸へ配属され常磐線で使用後国鉄末期に豊田へ移動し主に武蔵野線で活躍したあと2004年廃車。
画像
1997年4月秋田駅オハネ24 66
1973年に日本車輛で製造され青森運転所に配置、「日本海」「ホワイトスノー安比」等に使用されましたが2000年に廃車されてしまいました。
画像
1999年京都駅モハ102-220
1966年に帝国車輛で製造され下十条電車区に配置、京浜東北線で僅かに使用され鳳電車区へ転属、淀川-宮原転々とし2007年日根野を最後に廃車となりました。
画像
1999年京都駅モハ102-2041
1981年の福知山線宝塚電化により川崎重工で製造、その後1994年にクモハ1035000代の分併の対として-5013へ改番され淀川へ転属となりましたが1999年再度-2041へ戻され宮原へ。その後日根野へ転属し現在も活躍中です。
画像
1999年新宿駅サロ183-2
1972年房総電化用として東急車両で製造し幕張電車区完成までの数日間だけ津田沼に配置となり2001年廃車まで幕張一筋の車両でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック