絶滅DC急行

画像

かつて大阪と飛騨古川を走っていた急行「たかやま」。1999年に特急「ひだ」へ格上げされ消えてしまった列車です。列車密度も高い大阪-米原をエンジンがファイヤーするのではないか?と思うようなくらい爆音をたてて走っていました。この時は大阪から岐阜まで乗車しましたが車内販売では米原駅の駅弁を販売していました。
写真のキハ65 516は1971年6月(私と同い年)に日本車両で製造され長野へ配置となりました。
電化で追われて岡山へ異動となり国鉄末期に向日町へと転属されJR西所属となりました。
1989年に特急「エーデル鳥取」キハ65 711へ改造され2010年に廃車となりました。
ちなみに「エーデル」とはドイツ語で「高貴な」という意味です。
直訳すると特急「高貴な鳥取」・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック